トップページ

2020.8.2

                                                                       柏聖アンデレ教会

                                                                      牧師司祭ダビデ渡部明央

   聖霊降臨後第9主日(特定13・A年)

特祷    祈祷書232頁

旧約聖書  ネヘミヤ記9章16-20節

詩編    78編14-20、23-25(祈祷書790頁)

使徒書   ローマの信徒への手紙8章35-39節

福音書   マタイによる福音書14章13-21節

 

本日の福音書は、5千人以上の人が5つのパンと2匹の魚で養われるという話が読まれました。この物語は、マタイだけでなく、マルコ、ルカ、ヨハネの4つすべての福音書に収められている話です。ということは、4人の福音書全員がこの話を後世の人びとに伝えようとした大事な話であることが分かります。

この話は日曜学校でもおなじみの話ですし、イエスさまの話でも比較的有名でなじみのある話です。しかしわたしたちにとっては、「なぜ?」という疑問符が付きまとう話ではないでしょうか。

「なぜたった5つのパンと2匹の魚で、5千人以上の人たちが食べることができたのか。」わたしたちの常識ではありえないことです。ですのでわたしたちは「なぜ?」「どうやったら?」と不思議に思います。

もしパンと魚を細かくちぎって配ろうとしたら、ひとり分は吹けば飛ぶような微々たるものにしかならないでしょう。しかし聖書は「満腹した」と記しています。5つのパンと2匹の魚で、5千人以上の人たちが満腹したのです。

どうしてもわたしたちは「なぜ?」という所に留まってしまいます。しかし目を向けたいのは、イエスさまによって満腹したということです。私たちの常識でははかり知れませんが、イエスさまによって5千人以上の人たちが満腹したのです。

考えてみれば、神さまという存在は、私たちの理解をはるかに超えるお方です。わたしたちの頭には収まり切れないほど大きな存在なのです。ですから、その神さまのみ業をわたしたちの常識や理解に収めようとするのではなく、その御業に目を向けて、神さまを信じて参りたいと思うのです。

イエスさまによって5千人以上の人たちが満腹した。お腹一杯食べるとき、腹が満たされるのと同時に心も満たされます。イエスさまによって満腹した人たちは、このとき腹だけでなく心も満たされたことでしょう。イエスさまによって心身が満たされたのです。

4人の福音書記者は、イエス様こそがわたしたちを満たしてくれるお方だということを、福音書を通してわたしたちに示してくださっているのです。わたしたちは主こそ、わたしたちを満たすお方であることを覚えたいと思います。

礼拝では省略しますが、本日の旧約聖書のみ言葉を味わいたいと思います。「まことに憐れみ深いあなたは 彼らを荒れ野に見捨てることはなさらなかった。昼は雲の柱を取り去ることなく行く手を示し 夜は火の柱を取り去ることなく 行く道を照らされた。あなたの優れた霊を授けて彼らに悟りを与え 口からマナを取り上げることなく 渇けば水を与えられた。」

主は、わたしたちにマナと水を与えて渇きと腹を満たしてくださいます。そして、昼は雲の柱、夜は日の柱をもって、行く道を守り導いてくださるのだと、旧約聖書は示しています。

わたしたちの常識や理解をはるかに超える神さまのみ業。自分の頭では理解できないとしてしまうのではなく、神さまを信じて参りたいと思います。主がわたしたちの腹を満たし、行く道を導いてくださるお方であること信じ、本日も感謝と賛美をささげて参りたいと思います。

※文中の聖書の引用は、新共同訳聖書(日本聖書協会)より。

*******************************************************

柏聖アンデレ教会のホームページにようこそ

わたしたちの教会は、1991年5月に設立されました。 立教大学聖路加国際病院とつながりのある日本聖公会という キリスト教会の教派に属しています。礼拝は毎週日曜日午前10時30分から行います。

柏聖アンデレ教会2020年度 年句

「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。」 マルコによる福音書  第10章14節

小さな教会ですが、家庭的な温かい雰囲気に包まれています。教会の周りはお花で埋め尽くされています。

このホームページでは、柏聖アンデレ教会の紹介と礼拝・集会・イベントのご案内をしています。是非、気軽にご参加ください。

reihaido_christmas

IMG_0163

日本聖公会

1859年(安政6年)米国聖公会から派遣されたリギンス、ウイリアム両師が、キリスト教禁制下の長崎に上陸することにおいて聖公会の宣教がはじめられましたが、実際の公会(教会)活動の開始には、ウイリアムス師は7年間の「困難と忍耐と沈黙」のときを過ごさなければなりませんでした。次いで、英国聖公会宣教協会(CMS)および英国聖公会福音宣布協会(SPG)からの宣教師の来日があり、三つの団体はそれぞれに働いていました。

初代の日本主教ウイリアム師父は英国からのピカステス主教と相語り、1887年(明治20年)2月11日、大阪にて第1回の総会を開き、「日本聖公会」という名称のもとに、一つの「法憲法規」・「祈祷書」を制定し、公同の教会ならびに礼拝を成立させたのです。ここに「日本聖公会」が誕生しました。

日本聖公会は、現在、北海道から沖縄までを11のブロック(教区と呼んでいます)に分け、319の教会を有し、約57000人の信徒がいる教会です。

立教大学、立教女学院、聖ルカ病院、香蘭女学校、エリザベス・サンダース・ホーム、清里の清泉寮などは聖公会の関係学校、施設です。

logo2

〒270-1167 我孫子市台田3丁目3-8
日本聖公会 横浜教区 柏聖アンデレ教会
Tel & Fax 04-7184-4230

教区主教 主教 イグナシオ入江修

管理牧師 司祭    ダビデ 渡部 明央